HOME>アーカイブ>出産内祝いの本来の意味と贈って喜ばれるギフト

出産内祝いとは

出産内祝いとは本来、出産の喜びを分かち合うために親しい人に贈り物をするというものでしたが、現在は出産祝いのお返しとして機能しています。

出産内祝いに喜ばれる贈り物

日常的に使えるタオル

タオルは何枚あっても困らないので、出産内祝いとして喜ばれます。

クッキーなど日持ちのする洋菓子

特に子供のいる家庭では子供が好きそうなお菓子も喜ばれます。

洗濯洗剤や食器洗剤などの消耗品

形に残る物よりも、使ってなくなる消耗品が喜ばれます。

好きなものを選べるカタログギフト

相手の好みがわからない時はカタログギフトなら間違いはありません。

商品券やギフトカード

何でも好きなものを買えるので喜ばれます。

手形などのオプションの準備

ベビー服

赤ちゃんの誕生を喜び、お祝い金や品を頂戴したのなら、お礼となる出産内祝いを必ず準備しましょう。赤ちゃんの名前を入れたり、手形や足形を刻んだり、最近ではそうした商品も数多くあります。一般的には、注文してからの製作になるので、事前に手形や足形などをスタンプのように専用台帳に押したり、粘土で型を取るなどの準備をしておきます。最近では、産婦人科でも手形や足形をとってくれますから、それをコピーするなどして注文ができます。また、出産内祝いの商品の製作に必要となるデータを準備しておきましょう。名前や生年月日などが一例です。

ネット申込が主流になっている

ベビー用品

出産内祝いの申込には、ギフト専門店でも受け付けていますが、気軽にインターネットやカタログからも申込ができます。『出産内祝い』で検索すれば、関連サイトやショップ情報が収集できますし、カタログを請求することもできます。申込方法は、インターネットや郵送、FAXからも選べますが、その中には電話対応していないケースもありますから注意しましょう。最近では、インターネットが主流で、ネット申込で割引サービスが受けられる場合もありますから、お得に注文ができるかもしれません。ちなみに、のし表書は、各地の慣例があるかもしれないので、事前に自分の親などに相談し、慣例があれば記述内容は明確にしておきましょう。また、ギフトは一部手渡しなのか、すべて配送なのかも記す必要があります。

広告募集中